主に、賃貸アパートの引っ越し手順などについて書いています。
賃貸マンションへの引っ越しにも役に立つかもです。

TOPページ  >  下見をしてみましょう

アパート マンション 賃貸 下見をしましょう

実際に下見をしましょう。

賃貸アパート 賃貸マンション

 

事前に情報を調べて、気になる物件を探せたなら、
実際のアパート物件を見てみる事にしましょう。

気になるアパートを管理している不動産屋さんに連絡し、
時間を合わせてもらって、不動産屋さんの人立会いの下、実際にどのような部屋なのか、じっくり確かめてください。

ここで、実際の下見ポイントを大まかに挙げてみますと・・

ちょっと気をつけたいアパート下見ポイント!

日当たり
日の当たりが良くなく、暗くてジメッとした部屋よりは、
日当たりの良い部屋のほうが、清潔で健康的なのだと思います。
特に、ベランダなどでは、日当たりが良いのと悪いのとでは、洗濯物の渇きが全然違いますしね。
間取り
はじめ下見して、「ひろーい!」という事があると思いますが、
それは部屋に初めから何も無いので、当然広く見えますわな(汗
実際には、部屋にはあなたが持ち込む様々な家具があることでしょう。
それらを入れて、部屋が極端に狭くなっては何にもなりません。
下見の段階で、部屋の間取りを実際にみて、家具を入れたらどうなる・・
といったイメージをあなたの中でしてみてください。
壁・天井
クロス張りがほとんどなのですが、部屋のいたる場所で、カビや、結露の跡を探しtみましょう。窓のそばや部屋の隅を重点的に調べてみると良いかもしれません。
フローリングなどが最近は多く、人気もあるのですが、
そのフローリングは見た目はいいのですが、代わりに傷が付きやすく、
そのお手入れが非常に面倒かもしれません。
フローリングもどきのクッションフロアーなどがおすすめです!
できれば、二重窓になっている場所が良いでしょう。
あとは、窓のカギも確かめてみましょう。
そこが脆いと、泥棒などの被害に遭いやすくなってしまっては大変です。
不安なら、カギを交換できないか、不動産屋さんや大家さんに相談してみましょう。
玄関
いくらアパートでも、玄関が狭ければ使い勝手はすごく悪くなります。
靴箱も出来ればあったほうが、大人数で部屋にはいる場合には良いでしょう。
マンションならば、オートロックなどがあれば助かるのですが、アパートにそれを期待してはいけません(笑
お風呂
最近のアパートなどではユニットバスの採用例が増えています。
昔なからのタイプよりは、ユニットバスの方が掃除が楽に行えます。
(汚れが落ちやすい)
昔ながらのタイルなどのお風呂は、汚れを落とすのが大変で厄介ですよね・・。
洗濯機を置くスペースがあるか
洗濯機を持ってくる場合には、置く場所があるか(ベランダ等)
水道や電気が洗濯機の設置のしやすいように通っているか、
また、排水も大丈夫なのか。結構重要なポイントです。
インターネットは出来るのか
最近は、特に短期滞在型のアパートにはパソコンなどのインターネット設備が標準で付いている物件もありますが、
全体でみると光やADSLのインターネット回線すら入っていない物件があったり、
場合によっては、大家さんが回線を引くのを認めない場合もあるかもしれません。
事前にネット回線が引いてあるか確認し、
そうでなければ、インターネット回線を引く許可を取りましょう。
駐車場
車を使っている人は、駐車場がどうなっているのかも考えてみましょう。
アパートに駐車場が用意されてない場合もあるし、有料であったり、
場合によっては2台までは無料だったりしますので、よく不動産屋さんに確認してみましょう。

また、 必要だったり、気になる人は、クーラーがあるかとか、バス・トイレは別かどうかなど、
不動産屋さんの下見の前に、事前に考えておき、質問をよくするようにしましょう。
いざ入居してからのクレームはトラブルの元です。
トラブルにならないように気をつけましょう。

ちなみに、自分が一番注意するポイントは、
インターネットができるかどうか、また、スカパー!のアンテナが取り付けられる場所かどうかも
最重要ポイントです(笑

Favorite

恵安のWindowsタブレット

Last update:2017/10/11

賃貸アパート マンション 次へ