ログハウスの工法

ハンドカットログハウス

大自然の緑の中に立つログハウスはとても風格があり、まるで自然の一部なのではないかというぐらい景気と溶け込んでいます。こんなログハウスに住めたら気持ちが良いだろうなと考えるのも仕方がないのかもしれません。

 

このような迫力のあるこれぞログハウスという形は、大抵の場合ハンドカットログハウスと呼ばれるタイプのログハウスです。このタイプの特徴は職人がログハウス用に切り出した丸太をダイナミックに加工しわざと粗く削った丸太を積み上げて造る方法で造られるということです。それによって力づよさが強調されてた迫力のあるログハウスになるのです。

 

丸太を加工する職人はログビルダーと呼ばれており、切り出した丸太を一本一本手作業で加工していきます。そのため時間はかかりますが、その分色々な注文をすることができ、丸太にオリジナルの彫り物をいれたり、デザインの要求もある程度は想い道理になるところがメリットでしょう。

 

しかし、どうしても時間がかかってしまいますし、職人が手作業でやる仕事になるため、職人選びを失敗すると出来上がりが気に入らないという事にもなりかねない危険をはらんでいます。そしてワイルド外見から、トイレなどの少し落ち着きたい場所にも圧迫感を与えてしまうため、一般的な住居にするには抵抗のある人もいるかもしれません。

 

とはいえ重厚感で野性味のある外見はこれぞログハウスといいった感じでとてもかっこよいですし風格もありとても魅力があります。このようなすべて手作業で造ったログハウスで暮らすことはとても贅沢ですし、自然と一緒に暮らすという意味でもすべて手作業で造った家というのは申し分ないと思います。

マシンカットログハウス

少し前までは建築基準法が厳しくログハウスを建てるには許可を取らなくてはなりませんでしたが、最近この建築基準法が緩和されたことで一般住居、マイホームとしてのログハウス建築が可能になり町中にログハウスがあるという風景も見られるようになってきています。家を一歩出れば町中が広がっていますが、それでも家に帰ると木に囲まれたエコな生活が待っているというのもなかなか面白いかもしれませんね。

 

このような住宅地にあるスペースを利用して建っているログハウスはマシンカットログハウスとういタイプです。このタイプのログハウスは機械を使ってログ材を均等に切り分けて積み上げる事によって、正確な寸法ですっきりとした仕上がりになります。ログ材の切り出しを機械で行うため、丸太も様々な種類の断面を選ぶことができるため、様々なデザインのログハウスを建てることが出来るのも特徴の1つです。

 

メリットとしては、機械の導入によある大量生産ができることから、ハンドメイドのログハウスよりもかなり割安になります。また、機械の正確なカッティングによってあまりログ材とログ材の隙間があかないためメンテナンスが格段に楽になるとうのもおおきな魅力でしょう。

 

デメリットは機械が入ることによる正確さからログハウスの最大の魅力である味が感じられないということです。とはいえこれは好みの問題だと思いますので。ワイルドな魅力がほしい人はハンドカットのログハウスを、すっきりと建てたいならマシンカットログハウスを建てれば良いということになります。都会の喧噪の中に重厚なログハウスが突如現れたら誰もがビックリしますし、何より、風景に馴染んでいません。逆に大自然の中に木造とはいえあまりにもスタイリッシュな建物は似合わないでしょう。自分の目指すスタイルと立地条件を頭に入れて一番よい工法でログハウスを建築したいものですね。

おすすめWEBサイト 5選

パワーストーンの天然石ビーズ
http://www.purestone.jp/

2017/1/23 更新